ロゴ
HOME>イチオシ情報>ヒーターの活用方法を知って特性を活かそう!

アルミキャストとは

普段生活していると「アルミキャスト」という言葉を聞く機会は、あまりないでしょう。アルミキャストとは、鉄よりも軽く、そして加工もしやすい、建築現場などで良く使用される素材です。リサイクルなどにも適している事から重宝されています。

アルミキャストが製造される流れ

作業員

デザインがすべてを決める

アルミキャストを作ると言っても、デザインを決めなければ、話が進みません。寸法や、厚さなどを細かく決めて、図面を作り上げなくてはいけません。この作業で手を抜いてしまうと、全て工程に支障が出てくるので、非常に重要であると言えます。

木型の制作を行い、砂型へ

デザインが決まったら、次は木型の作成です。寸法や加工性など考慮して作成していきます。そして、木型が完成したら、木型を枠にはめ込み、砂を流し込んでいきます。砂が固まり次第、木型を取り除き、自硬性砂型などを使用して、鋳造を行っていきます。

溶解を行い、最後に鋳造を

溶解炉に合金などを入れて、溶解していきます。溶解後には、合金から出た不純物を取り除く作業を行った後に、ついに鋳造していきます。溶解した合金を鋳型に注ぎ込み、自然冷却して固まるのを待つのです。そして、凝固したものを取り出し、砂を落とせば、アルミキャストの完成です。

ヒーターの活用方法を知って特性を活かそう!

作業員

アルミキャストだけじゃない!注目の工業用材料

アルミキャストは、加工しやすいことなどでよく使用されるものです。しかし、これだけではなく、マイクロヒーターも加工がしやすいと利用される場面が多い材料といえるでしょう。マイクロヒーターは、熱電導性を持ったヒーターです。強い熱を供給することが可能である為、様々な業界で使用され、経済的にも優れているヒーターの1つです。特徴としては、ヒーターの容量設定が簡単であることや、電気抵抗が高いことなどが挙げられます。また、マイクロヒーターは外径が細いので、スペースが狭いところなどでも取り付けられることが可能です。

広告募集中