ロゴ

アクリル板とは

アクリル樹脂で作られた板の事を「アクリル板」と呼びます。そして、アクリルは通称「プラスチックの女王」とも言われています。理由としては、非常に透明度が高い素材である為です。アクリルは様々なものに利用されていて、私たちにとっても身近な素材の1つです。

アクリル板の特徴

ガラス

劣化しにくく、強さもある

アクリル板は野外などでも活躍することが可能です。雨などにアクリル板が触れても錆びる心配もありませんし、ガラスと比べても、耐久性が10倍優れているのです。そのような強みから、アクリルは、野外などで使用する、電飾看板カバーなどにも使われています。

加工や切断が行いやすい

アクリル板は切断することや、穴あけなどが他の素材に比べても非常に簡単です。素人でも簡単に加工できるので、人気の素材といえるでしょう。そして、切断や穴あけだけでなく、接着剤などで、貼り付けることも可能なので、難しい溶接などを行う必要もありません。

温度によって、伸び縮む

アクリル樹脂は温度の変化によって、伸び縮みが発生します。その為、温度が高くなる場所、低くなる場所などで使用する場合は、アクリル板の形が変わってしまう恐れがあるので注意が必要です。ですが、日常生活で体感する気温程度であれば、問題なく使用することが可能です。

アクリルで作られる製品の種類

数えきれないほど世の中には、アクリルが使用された製品があります。例えば、「写真立て」、「水族館の水槽」などにもアクリルが使用されています。写真立ての場合、アクリルの特性である透明性、そして水槽であれば、耐久性と透明性というアクリルの特徴を活かしている製品であると言えます。

アクリルケースとガラスケースの違い

割れてしまう、リスクの違い

当然ながら、ガラスケースなどであれば、落としてしまった際や、強い衝撃を与えてしまった場合に割れてしまう恐れがあります。ですが、アクリルケースの場合、割れる心配も少なく、扱いやすい製品と言えます。

手軽さや、高級感の違い

アクリルケースは、ガラスケースに比べて、軽く、持ち運びが容易と言えます。比べて、ガラスケースは重たいですが、重量感などから、アクリルケースとは違った、高級感を演出することが可能です。

アクリル板の発注先を見極める!失敗しない購入方法をご紹介

アクリル板

アクリル板を発注する時の業者選び

アクリル板を発注することを決めたら、業者のHPを見てみましょう。必ずと言っていいほど、業者のHPには、実績が載っています。まずは、実績をチェックすることがポイントの1つです。自身が希望している類似商品などがあれば、失敗しないアクリル板を手に入れられる確率も上がるでしょう。また、口コミなどを参考にするのも良いでしょう。利用者の声がダイレクトに知れるので、見ておいて損はありません。

広告募集中